MENU

悪酔いしない薬ってないの?

  • 昔からお酒が弱・・・。もう悪酔いしたくない!
  • 年を取ってから急に酒に弱くなってきた!
  • 悪酔いして大声だしたり暴れたりしたくない!

 

 

お酒を飲まなければ一番いいんでしょうが、どうしても飲まないといけない時ってありますよね。
でも、お酒に弱かったり、飲みすぎたりする悪酔いして大声を出したり、暴れたり、絡んだり・・・。

 

 

普段のお付き合いにも影響するので悪酔いしないで楽しくお酒は飲めるようになりたいものです。
私もお酒に弱く、悪酔いして見知らぬ方に絡んだり、グラスを割ったりして飲み屋を出入り禁止になっていました。

 

しかし、ある方法を知ってから今では悪酔いも二日酔いもしないで楽しくお酒が飲めるようになりました。
悪酔いしない薬はないの?
どうして悪酔いや二日酔いになるの?
手軽で簡単にできる悪酔い対策は?
これらについてお話ししていきます。

 

 

悪酔いしない薬はないの?

 

ドラッグストアやコンビニで悪酔いしない薬はないかな?と探したことはないでしょうか?

 

実は、悪酔いしてしまった症状を軽くする薬はありますが、「予防」する薬ってないんです。
飲みすぎや二日酔い防止に有名なヘパリーゼやウコンなどは、実は薬ではなくサプリメント。

 

まあ、薬でもサプリメントでも悪酔いがしなくなれば何でもいいですよね^^;
なぜ、悪酔い予防の薬がないのでしょうか?

 

 

どうして悪酔いや二日酔いになるの?

 

悪酔いをしなくなる薬がない理由は、悪酔いや二日酔いになるメカニズムにあります。

 

体の中に入ったアルコールは胃、腸を通って肝臓に運ばれます。
肝臓ではアルコールをアセトアルデヒドと水に分解します。

 

分解されたアセトアルデヒドが毒性がありますが、これを肝臓内の酵素が分解して無害化してくれるんです。
しかし、肝臓が弱っていたり、許容量を超える量を飲んだ場合はアセトアルデヒドが分解できずに血液中に流れ込みます。

 

そして、血液とともに脳に達し自制心をなくしたり、周囲が見えなくなったりと悪酔いの原因になるんです。

 

 

 

悪酔いを予防する方法

 

もっとも簡単にできる悪酔い対策は「お酒の量を減らすこと」「飲まないこと」
しかし、そんなに簡単に酒量を減らすことができれば誰も苦労しませんよね。

 

悪酔い、二日酔いの相談で病院に行くとまず最初に言われるのが「生活習慣の見直し」です。

 

悪酔いの原因は元々の体質と、肝臓の働きのおとろえが原因。

 

体質については徐々にお酒の量を増やすことで、従来よりも多少飲めるようになります。
しかし、肝臓の働きについては生活習慣を見なおさなければ改善されません。

 

 

肝臓をよくする生活習慣の中で重要なのが「食生活」です。

  • しじみ
  • にんにく
  • ゴマ
  • 牡蠣

などは肝機能を改善する食品とされています。

 

 

 

簡単・手軽に肝臓にいいことしたい!

 

肝臓のおとろえによる悪酔いには、しじみやゴマなどといった肝機能の働きを促進する栄養を摂ることが重要です。

 

しかし、毎食食べ続けるのは難しいですよね。
しかもそれぞれの食品に含まれている成分は微量です。

 

もし、簡単・手軽に肝臓の働きをよくしたいならレバリズムLなどのサプリメントがおすすめです。

 

肝臓の働きを助ける成分を凝縮したレバリズムLはテレビでも紹介され話題になっているサプリです。
使用された方の満足度も97%と非常に高いのも特徴です。

 

 

飲んだ方の感想で多いのが、「夜寝る前にレバリズムLを飲むと翌朝がすっきりする」というものです。
>>レバリズムLを試した方々の感想

 

弱った肝臓がレバリズムLで活性化したからかも知れませんね。

 

 

肝臓の働きが高まれば、効率的に悪酔いや二日酔いの原因となるアセトアルデヒドを分解できます。

 

 

もし、

お酒に弱い体質だから少しでも悪酔いしないようにしたい!
翌日に二日酔いの症状で苦しみたくない!

少しでもそう思ったなら、レバリズムLを試してみるといいですよ。

 

 

限定500名ではありますが、今ならモニター価格で試すことができますよ。
>>500名限定レバリズムL公式サイトへ<<

 

※かなり品薄なので、モニターキャンペーンが終了している可能性があります。
まずは在庫があるかどうかだけでも確認してくださいね。

このページの先頭へ